工業地帯の中に自然豊かな公園や運動スポットが点在。あおなみ線「野跡」駅周辺を歩く

築地口から金城ふ頭までを繋ぐ“金城ふ頭線”エリアは、工場や倉庫などが立ち並ぶ工業地帯。その中で緑が多くのんびりとした雰囲気を漂わせているのが、あおなみ線「野跡」駅周辺だ。駅から歩いてすぐにアクセスできるスポットを紹介。

見晴らしの良い園内に季節の花々が咲くのんびりとした稲永東公園

あおなみ線の電車に乗り、名古屋駅から金城ふ頭方面に走ると、稲永駅を過ぎたあたりから左側に名古屋港が見えてくる。
そしてすぐに右側に見えてくる広大な公園が「稲永東公園」だ。
両側を工場に挟まれている工業地帯に位置しているのに、驚くのは静けさと広さ。
ドングリの木などがある“夫人の森”や、展望台が設置された“港の見える丘”、フェンスに囲まれた“児童球技場・多目的広場”など、目的別になった広場が多く点在しているので、休日には思い思いに過ごす人々で賑わっている。
5月~6月にもなれば芝生が青々と生い茂り、より気持ちよく過ごすことができるはず。

健康器具やジョギングコースを利用してストレス発散!

稲永東公園には健康散策路が整備され、誰でも気軽に散歩やジョギングのできる1周約900mのコースが設定されている。
運動量の目安になる200mごとのポイントや、スタート地点のウォーミングアップコーナーにある6種類の健康器具を利用して、楽しみながら爽やかな汗を流そう。

ランニングや散歩の後には銭湯で汗を流すのもおすすめ

稲永東公園の他にも、野跡駅周辺には球技場やトレーニング室を備えた稲永スポーツセンターや野球場、テニスコート、サッカー場と運動する施設が点在。
日ごろの運動不足の解消、ストレス発散、ランニングなどのトレーニングをはじめ、身体を動かしたい人にうってつけのエリアと言える。
稲永東公園の目の前には銭湯「永徳温泉」があるので、運動後の汗を流したい人にもぴったりだ。